複数のWordPressサイトを一括更新するスクリプト作ったよ

WordPress 4.2が出てからというもの、過去に例を見ないような頻度でセキュリティアップデートが続いてますよね。

コアファイルについてはバージョン 3.7から自動バックグラウンド更新機能が導入されているものの、プラグインやテーマについては対象外。ここ最近のアップデート祭りにほとほと疲れて、複数のリモートサーバをまたいでこれらのファイルを更新してくれるRubyスクリプトを作ってみました。 続きを読む 複数のWordPressサイトを一括更新するスクリプト作ったよ

Windows 7 64bit 上にLiveReload環境を作ってみたよ(ココロ折れそうになりながら)

[2013.6.9追記]
CSSだけでなくPHPのファイル更新も監視、自動リロードしてくれる『Reloadr』をWordPressプラグインにした記事を掲載しました。WordPressのテーマ制作にLiveReloadを使ってみようという方はご参考にどうぞ。


スマートフォンサイトの制作案件をきっかけに、作業のフローがジワジワとインブラウザデザインに移り始めてきたので、HTMLやCSSのファイルが更新されるとすかさずブラウザが自動リロードしてくれるという、作業効率激アゲ必至らしいLiveReload環境をWindows 7 64bit上でこしらえてみました。

『LiveReload』がもともとMac OSのアプリとして先にリリースされた(Windows版は現在アルファ版)という経緯があるのと、軽くググってみたところ〈LiveReload Windows版が落ちまくる〉というエントリーもあったりしたので、Rubyのライブラリである『guard-livereload』で環境をつくることにしました。 続きを読む Windows 7 64bit 上にLiveReload環境を作ってみたよ(ココロ折れそうになりながら)

RubyとRakeを使って カスタムShadowbox.jsを作る

前回の記事「Shadowbox.jsのキャプション位置を画像の下に変えてみる」の追記です。あの作例では、ソースの skin.js にてキャプション位置を入れ替え、可読性のよろしくない shadowbox.js を開いてズボ替えする方法を採りました。

これでも結果オーライだからまあいいのですけれど、別解として skin.js を修正した後、自分でカスタム shadowbox.js を作る方法も紹介します。

続きを読む RubyとRakeを使って カスタムShadowbox.jsを作る