WordCamp Tokyo 2018のライトニングDJに「エア参加」した話(曲解説あり) #wctokyo

2018年9月14日・15日、東京都内で開催のWordPressのお祭り『WordCamp Tokyo 2018』。所用が重なって早くから参加見送りだったんですが、こんなときに限って、アフターパーティでなんともステキなイベントが行われるというではありませんか。

昨年夏ごろ突然思い立ってDJのまねごとを始めた私にとって、趣味にしているアイドルソングMixを披露できる(かも?)というチャンスだったのに……

そこで!

誰に頼まれてもないのに、勝手に「ライトニングDJに参加したというテイ」で20分(制限時間ギリギリ)のアイドルソングMixを作ってしまいました。言うなればエア参加というやつです。

アフターパーティの参加者さんには「ふだんアイドルソングになじみがない」という方もおいでかと思いまして、これまた誰に頼まれたわけでもないのに全11曲の曲紹介をまとめました。

  1. フライングゲット / AKB48
    まずは「はじめまして」のごあいさつ。2011年にリリースされた、フジテレビ系ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』の主題歌です。「キンタロー。」のモノマネ芸でおなじみの方も多いかと思い、ツカミの1曲に選びました。
  2. にんじゃりばんばん / きゃりーぱみゅぱみゅ
    アフターパーティには海外からWordCampに参加した方もいるのではと想像して、ワールドツアーの経験もある「きゃりーちゃん」の曲をピックアップ。私なりの、海外からの参加者さんへの「Welcome!」のメッセージです。
  3. 純白の約束(Royal Mirrorball Mix) / 東京女子流
    「開催地にちなんだグループ名の楽曲を」ということで東京女子流をピックアップ。5thアルバム『REFLECTION』収録の1曲でサビ後のシンセソロが聴きどころ。デビュー時からトラックメイクに関わっている、松井寛さんによるリミックスバージョンです。
  4. ダンシング・ヒーロー(Eat You Up) / 荻野目洋子
    21世紀に入って15年も経ってから、まさかこの曲が再びチャートをにぎわせることになるとは! YouTubeでの再生回数6500万回(!)という、大阪府立登美丘高校ダンス部の『バブリーダンス』で息を吹き返した荻野目洋子の7thシングル。ここからしばらくダンスチューンが続きますよ。
  5. nerve (FiNAL ver.) / BiS
    2010年に結成されたBiSの定番曲。エビ反りしながら歌うサビの振り付けがいちばんの見どころで、YouTubeで「nerve 日本エヴィゾリ化計画」と検索するといろんなアイドルやミュージシャンの「nerve 踊ってみた」が楽しめます。
  6. Neo Disco / GALETTe
    2016年まで活動した福岡発アイドルグループの1stシングルカップリング曲。Earth, Wind & Fireの『Boogie Wonderland』を彷彿とさせる(というかモロ?)フレーズを巧みに盛り込んだアイドルダンスチューンの定番です(異論は認める)。
  7. めっちゃDISCO / たこやきレインボー
    「たこ虹」こと、関西出身の5人組グループの1stアルバム収録曲で、私のアイドルソングMixではかなりの頻度で混ぜ込む1曲です。ヴォコーダー風の「めっちゃDISCO」のフレーズが、いい感じで1970年代のディスコファンクっぽいというかテクノっぽいというか。関西といえば!ということで、味園ユニバースの絵が浮かんでくるようなサウンドです。
  8. 桜ナイトフィーバー / こぶしファクトリー
    アイドルファン寄りの曲がいくつか続いたので、もともとKANが2015年に発表した楽曲のカバーをここで。KANが私の地元・福井を桜の時期に訪れ、市内の桜並木から曲の着想を得たというインタビューを読んだことがあります。
  9. 好感度あげたい! / フィロソフィーのダンス
    クラブのフロアを想定したMixということで、「Funky But Chic」をコンセプトに掲げるこの4人組の楽曲はやはり外せませんでした。アフタービートにアクセントを置いたスラップベースが「ダンスチューンの王道!」という趣ですね。サビのコーラスはThe Three Degreesの『Do It』のオマージュでしょうか。1stアルバムの収録曲です。
  10. アイドルなんてなっちゃダメ! ゼッタイ! -too Remix- / せのしすたぁ
    福井からのエア参戦ということで、地元発グループの曲をここで紹介させてください! アイドルが歌うにしては自虐的なタイトルですが、実は「アイドル人生最高!」というメッセージが込められている楽曲なので、YouTubeでフルサイズをぜひ。
  11. 走れ! / ももいろクローバー
    制限時間20分のライトニングDJもこの曲で最後。WordCamp Tokyo 2018のテーマ「Challenge!」にちなんで、電車でいつも見掛ける女の子に「君が好き」と伝えようと自分を励ます男の子を描いた曲をピックアップしました。「ももクロ」主演の映画『幕が上がる』のエンディングでも使われた楽曲です。

ということで全11曲、選曲に至った理由なども交えながら紹介しました。このMixをきっかけに「アイドルの曲もなかなか興味深いねー、面白いねー」と感じてもらえたらうれしいです。

cover illustration / アヤ氏


制作機材・アプリケーション

  • ミックス制作
    • MacBook Pro
    • Pioneer DDJ-RB
    • rekordbox dj
  • マスタリング
    • Audacity

制作時のメモ。楽曲ごとにミキサーの TRIM/HI/MID/LOW 値の目安、クロスフェードのタイミングや BPM などをあらかじめメモってミックスしています。自分のための覚え書きなので極めてきったない字ですが。


[2018.9.29追記]
本記事、WordPressニュースサイト『WP TAVERN』が取り上げてくださいました。

WordCamp Tokyo 2018: Highlights, Recaps, Aftermovie, and More

The after party was held at a disco-like club in Shibuya and you can listen to a selection of the songs that the DJ posted to his WordPress blog.

「エア参加」なのに恐縮の至り。

「WordCamp Tokyo 2018のライトニングDJに「エア参加」した話(曲解説あり) #wctokyo」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください