WSL2 + Docker で CuStatic を使ってみた Windows マンの格闘

この投稿は、国産オープンソース CMS『baserCMS』の「baserCMS Advent Calendar 2020」の記事です。

2020年の baserCMS 界、個人的に一番のニュースは静的サイト出力プラグイン『CuStatic』のリリースでした。CUI ベースの静的サイトジェネレータが幅をきかせている中、GUI で静的サイトが書き出せる CMS というのは希有かつ貴重な存在です。

ということで、当方の Windows 環境に WSL2Docker Desktop for Windows をインストールして『CuStatic』を試してみました。

当初はネイティブ Windows での環境構築を目指し『Laragon』で格闘していたのですが、静的 HTML 出力の過程でシェルをたたく箇所があり、ここがどうしてもクリアできず WSL(Windows Subsystem for Linux)ベースでやってみたという次第です。

[2020.12.24追記]
クリアできました 🎉 詳しくは『CuStatic』リポジトリの issue にて。
https://github.com/ecatchup/CuStatic/issues/1


…あれ? 《GUI で静的サイトが書き出せる CMS というのは希有かつ貴重な存在》と書きながら CUI で操作する話になってるじゃないか 💦

続きを読む WSL2 + Docker で CuStatic を使ってみた Windows マンの格闘

XAMPP にメールサーバ? それ MailHog でサクッとできるよ

こんにちは。『baserCMS Advent Calendar 2018』3日目担当の tecking です。

baserCMS に限らず CMS が絡んだウェブサイトを構築する際、ローカルの PC にウェブサーバやデータベースサーバなどを含む開発環境を作るという選択肢をとる方が多いのではと思います。

続きを読む XAMPP にメールサーバ? それ MailHog でサクッとできるよ

WordPressのパンくずリストに構造化データマークアップを

最近、個人的にちょっと熱いブームが来ている構造化データ。WordPressでつくったサイトにも取り入れようということで、パンくずリストを「構造化データマークアップ」してウェブ検索結果に

てな感じで表示させるようにしてみました。
(と書きながらこのブログでは実装してないんですけど 😉 )

さまざまな方法がありますが、今回は『本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書2』(SBクリエイティブ)や、『WordPress 標準デザイン講座 【Version 4.x対応】』(翔泳社)などで解説されているプラグイン『WP SiteManager』を使ったときの実装法です。

なお、構造化データの概要やマークアップに必要なプロパティ、コード例についてはGoogleが公開している公式ドキュメントをご参照ください。
続きを読む WordPressのパンくずリストに構造化データマークアップを