Amazon S3 をリダイレクトサーバとして使う方法

[2018.10.16 追記]
久しぶりに実案件でこの機能を使う機会があり、管理コンソールの日本語化がずいぶん進んでいたり、作業手順が異なっていたりの変化を目の当たりにしたので図版差し替えなど改訂を行いました。

[2014.9.28 追記]
記事初出時よりS3を使ったリダイレクトをテスト運用していましたが、本日をもってテスト運用終了しました。下記にある http://aws.tecking.org/ から https://www.tecking.org/wordpress/ へのリダイレクトはできなくなっているのでご留意ください。
2018.10.16 記事の改訂に合わせてしばらく復活することにしました


「月額10円~でレンタルサーバー」というふれこみで、かつて Web 界隈がどよめいたAmazon Web Service(以下 AWS)の一つ『Amazon S3』(以下 S3)。そのサービスに2012年10月、リダイレクト機能が追加されたということで、S3 の学習も兼ねてリダイレクトの設定をしてみました。

ゴールと要件はこんな感じです。

  • S3 へのアクセスをこの記事 https://www.tecking.org/archives/2943 にリダイレクトする
  • S3 側には独自ドメインの URL( aws.tecking.org )でアクセスできるようにする
  • tecking.org ドメインをムームードメインで運用しているので、サブドメイン( aws )の設定はムームー DNS で行なう(2012年10月にこんな障害も起きてますがキニシナイ)

DNS についてはユーザー側でゾーン設定できればよいので、AWS の DNS サービス『Route 53』を使うのも一つの手でしょう。それでは、進めていきましょう。

なお、以下に示した方法では S3 へのアクセスを https にした場合にリダイレクトすることができません( S3 の仕様による)。別途、AWS の CloudFront との組み合わせが必要になるので興味のある方は調べてみてください。

続きを読む Amazon S3 をリダイレクトサーバとして使う方法