ランチャーを『fenrir』に切り替えた

今さらながら、メインPCのXP ProfessionalをSP 2からSP 3に切り替えた。

何度となく現れるアップデートのお知らせ(警告?)を無視してきたのには、Microsoft製品に対する少なからぬ不信感があったからである。我先にとアップデートに乗っかるのではなく、ウェブ上での動作報告などもチェックしながら時期を見て……と考えているうちに現在に至ったというわけだ。

アップデート自体は15分ほどで済んだのでたいしたことなかったのだが……なんと、3年くらい使い続けてきたランチャー『Clock Launcher』の設定ファイルがふっとんでしまったのだ。SP3にしたことが原因か、ランチャーの取り扱いが原因だったのかは分からないが、とにかく今までの蓄積がパーになってしまったのである。

多機能な反面、実はけっこうメモリ喰いである『Clock Launcher』。それでも今まで使い続けてきたのは

  • ボタン型ランチャー
  • コマンドライン型ランチャー
  • メモリクリーニング(デフラグ)
  • 内蔵時計の同期
  • クリップボード拡張

といった機能がひとまとめになっており、なかなか便利だったからである。なのでイチから設定し直して使おうかとも思ったのだが、メモリは増強したし、OSもアップデートしたし……というので心機一転、ランチャーも切り替えることにしたのだった。

さて、どのランチャーを使おうか。

こういうときにわたしが参考にするのは2chのソフトウェア板。一口に〈ランチャー〉といっても種類はさまざまで、機能性の高い(not equal 多機能)アプリを効率よく探そうとすると、いいことも悪いことも書いてある2chというのは格好の情報源なのである。思えば、今やすっかり肌になじんでしまった(といってもまだまだ使い込んではいないが)ファイラー『Dyna』も、この板で知ったアプリケーションだった。

で、選んだのは、コマンドライン型ランチャーの『fenrir』。

『fenrir』にしようと決めたのは、〈ランチャーへのアプリ登録〉という面倒な作業から解放されるという特徴があったことである。ランチャーは便利なユーティリティなのだが、事前にアプリを登録する作業が控えており、登録するアプリが多くなるとそれだけで萎えてしまうものなのだ。コマンドラインからアプリを呼び出す行為はLinuxで慣れっこ、ということも『fenrir』を選んだ理由である。

ホットキーの設定が『Clock Launcher』ほど柔軟でない短所はあるものの、今のところそれ以外に目立った使いづらさはない。しばらく試用してみようと思う。

ちなみに『fenrir』への切り替えで抜けてしまった『Clock Launcher』の各機能については

  • メモリクリーニング(デフラグ)……『びーめむLT』
  • 内蔵時計の同期……Windows標準のサービス(Windows Time)
  • クリップボード拡張……『eClip』

で代用している。メモリ使用量も『Clock Launcher』一本のときと比べて一気に減少した。

窓の杜 – fenrir
http://www.forest.impress.co.jp/lib/dktp/desktop/launcher/fenrir.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です