さくらのレンタルサーバへrsyncでバックアップ・改(VPSでもオッケイよ)

以前のエントリーにて参照したサイトがデッドリンクになってたので、改めて書き起こすことにしました。ローカルサーバにあるファイル(ディレクトリ)を圧縮して、さくらのVPS or レンタルサーバにてバックアップする方法です。

ここでは先日契約したVPS(Ubuntu 10.04 i386)に対して、ローカルサーバ(Ubuntu 8.04 i386)からファイルを送り込む方法を紹介します。レンタルサーバの場合も基本的には同じ方法です。いつものとおり、無保証の技術情報ですのでご利用は計画的に 🙂

送り込むファイル(ディレクトリ)はこのように作ります。

  • ファイル(ディレクトリ)はパスワード付きでZIP圧縮
  • 公開鍵認証でVPSにSSH接続

ではスクリプトを。

#!/bin/sh
 
zip -P hoge /tmp/fuga.zip -ru /home/foo
 
rsync -e "ssh -i /home/foo/id_rsa -p 56789" -auz /tmp/fuga.zip bar@hostname.sakura.ne.jp:/home/bar
 
echo ''
echo 'rsync (remote backup) completed.'
echo ''

上記の場合

  • ZIP圧縮するディレクトリ…… /home/foo
  • 圧縮ファイル名…… /tmp/fuga.zip
  • 圧縮パスワード…… hoge
  • 秘密鍵ファイル(ローカル側)…… /home/foo/id_rsa
  • リモート側のSSHポート……56789
  • 公開鍵ファイル(リモート側)…… /home/bar/.ssh/authorized_keys
  • バックアップファイルの格納先(リモート側)…… /home/bar

の設定です。上記シェルスクリプトを rsync-remote というような名前にして /etc/cron.daily に入れておけばオッケイでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください