[WordPress] Hello Dolly で学ぶプラグイン作りの第一歩

WordPressユーザーのみなさん、WordPressに同梱されている公式プラグイン『Hello Dolly』は使ってますか?

なに、使ってない?

ですよねー。

だってこのプラグイン、説明書きを見ても

これはただのプラグインではありません。Louis Armstrong によって歌われた最も有名な二つの単語、Hello, Dolly に要約された同一世代のすべての人々の希望と情熱を象徴するものです。このプラグインが有効にされると、すべての管理画面の右上に Hello, Dolly からの歌詞がランダムに表示されます。

って書いてあるだけで、ルイ・アームストロングのファンじゃなかったらまるで使い道が見つからないわけですから。

大半のWordPressファンに「あんたはうちの子じゃありません!」的な扱いをされているであろう『Hello Dolly』。ですが、ソースをひらいてみるとおや驚き。ナニゲにPHPのプログラミングや、プラグイン制作の基本が学べるつくりになっているではありませんか。

そんなわけで、世界一有名でありながら世界一使われていない(想像)プラグイン『Hello Dolly』の救済企画、スタートであります。『Hello Dolly』を聞きながら気分あげていきましょー。

続きを読む [WordPress] Hello Dolly で学ぶプラグイン作りの第一歩

WordPressのテーマを強制的にデフォルトに戻す方法

[2015.9.16追記]
久しぶりにこのスクリプトを使う事案が起きたので、最新のデフォルトテーマ(Twenty Fifteen)で試したところうまくいきました。

[2012.10.22追記]
WordPressの関数 update_option() を使う、よりすっきりしたコードを追記しました

[2012.10.29追記]
「WordPressアドレス(URL)」と 「サイトアドレス (URL)」をデフォルトに戻す方法もまとめました。

テーマをいろいろ切り替えて遊んでいるうち、うっかりバギーなテーマを掴んでどうにもならなくなったときにデフォルト(記事執筆時点では『Twenty Eleven』)に戻すスクリプトを紹介します。当初は、データベースを直接操作する方法を載せようと思ったのですが、汎用性を高めるためにPHPスクリプトにしてしまいました。

続きを読む WordPressのテーマを強制的にデフォルトに戻す方法

「このページにアクセスするための十分なアクセス権がありません。」の処方箋(の一例)

ただいま、WordPress MEで稼働していたサイトをアップグレードする案件に取り組んでいます。このたびその移行でドツボにハマりましたので、いつも通りの「ご利用は計画的に」の技術情報ですが、どなたかの参考になればと思いつつ、個人的な備忘録としてもここにメモっておく次第であります。

結論からいうと、私の場合「このページにアクセスするための十分なアクセス権がありません。」のエラーメッセージが出てアップグレード後の管理パネルに入れなかったのはインポート時の「MySQLの接続照合順序」の設定が原因でした。

続きを読む 「このページにアクセスするための十分なアクセス権がありません。」の処方箋(の一例)

カスタム投稿のページ送りが 404 Not Found!の対処法

[2013.9.12追記]
初出からずいぶんたって、今ではWordPress 3.3から登場した「pre_get_posts」フックを使う方法が主流となってきました。記事の後半にサンプルコードとともに追記しましたのでご参照ください。


[初出時のテキスト]

WordPress 3.0で導入された新機能の一つ「カスタム投稿タイプ」。本格的に使ってみようという段になって、思わぬ壁にぶつかってしまいました。「カスタム投稿タイプ」で作った投稿群をカテゴリアーカイブで表示したとき、ページ送り(ページネーション)つまり

http://www.example.com/archives/category/foo/page/N(Nは数字)

といったURIで表記されるページが404 Not Foundを返すのです。

結論からいうとこの問題、『Custom Post Type Category Pagination Fix』というプラグインで解消することができました。そこで、カスタム投稿タイプの設定やコードなども交えて、解決までの道のりを紹介しようと思います。同じような悩みでぶつかっている方のご参考になれば。

続きを読む カスタム投稿のページ送りが 404 Not Found!の対処法