東京女子流『Stay with me』ジャケ写ロケ地に行ってきたよ

2015年6月13日にZepp DiverCity(東京都江東区)で開かれた女子流ちゃんライヴ『TOKYO GIRLS’ STYLE 5th Anniversary LIVE -キラリ☆ into the new world-』に遠征した翌日、オプショナルツアーと題してまたも聖地訪問してきました。今回は3月に発売されたTGS47『Stay with me』のジャケ写ロケ地、千葉県匝瑳市にあるJR飯倉駅です。

WikipediaとGoogle ストリートビューを使ってロケ地を特定した記事で「聖地訪問したいものです」と書いて約3ヵ月、意外と早く訪問のチャンスが巡ってきました。

ツアーは、宿の最寄り駅であるJR大井町駅(東京都品川区)からスタート。

品川で総武線快速に乗り継ぎ、千葉で各駅停車に乗り換え……

さらに単線区間に入りごとごと揺られること計約2時間。聖地に着きました!

さっそく、ジャケ写と同様のアングルで撮影していきます。
(ジャケ写画像はOK Musicさまより ※以下同)

まずは、特定のきっかけとなったType-Cから。〈6〉の停止位置目標がすべての始まりでした。

続いてType-Dのアングル。ジャケ写では後方の電柱との距離がかなり詰まって見えるので、望遠レンズで撮ったのではと思われます。

引きの画角で撮影されたType-Aはこのあたり。左後方にある木、ジャケ写では葉が落ちた状態で写っていましたが、時期が時期だけに葉っぱこんもりになってました。

そして、特定の決め手となったType-Bのアングル。ひーちゃんの後方に写っていた三角屋根の美容室も見えます。

逆サイドから「女子流ちゃん目線」でも撮ってみましたよ 🙂

ひととおり撮り終えたところで、駅周辺をぶらぶらしてみることにしました。

電車は毎時1~2本程度。

日曜日は特に乗降客が少ないようで、客待ちのタクシーもヒマそうです。

警察署の施設になっていたり地元の集会所になっていたりと、駅舎は多目的に使われている様子。

駅前にはスーパーらしきものも

……あったようですが、駐車場跡地にその名残があるのみ。

駅前通りをまっすぐ進み、大通りに出てみました。

大井町から約2時間ということで朝ごはんも食べず来てしまったので、とりあえず近くのセブンイレブンに避難。女子流ちゃんゆかりの地なのに、残念ながら乃木坂推しのキャンペーン。

軽くおなかを満たし「次の電車で帰ろうか」とコンビニの駐車場からふと見上げてみますと……

「創作そば かけはし」の看板が。私の地元が官民挙げて「越前おろしそば推し」してる土地ということもあり他県のそばには基本的に食指が動かないのですが、「飯倉駅に来て写真撮って帰るだけなのもなあ」と思い、せっかくなので訪ねることに。

コンビニでむしゃむしゃ食べてしまったので、軽盛りのとろろそばに、絹豆腐の揚げ出し、とろける角煮のついた『もみじ』(980円)を注文。ぶっといのが一般的な当地のそばと違って繊細な太さの麺でしたが、コシはしっかり。

そば湯と生クリームを使ったデザート『そばのブラマンジェ』も、黒みつ&小豆のやさしい甘さで、さっぱりした味わいでした。

特定作業を通して「駅前周辺に商店街があるわけでもなく、閑静な場所なんだろうなあ」とは想像してて、当初は駅前探訪もそこそこに帰るつもりでした。が、『かけはし』さんが思いのほかの〈当たり物件〉。電車が1時間に約1本なので迷ったのですが、1本遅らせるだけの価値はありました。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です