『Sports Graphic Number』 2008.3.20号 特集「2008年の女子力。」

ども。鉄王です。

女性アスリート特集のときしか買わない(←分かりやすい購買行動)『Sports Graphic Number』。小椋久美子さん・潮田玲子さん表紙の699号(2008.3.20号)も、当然、ジャケ買いです。

続きを読む 『Sports Graphic Number』 2008.3.20号 特集「2008年の女子力。」

『Google ドキュメント』のスプレッドシート−COUNTIF関数ではワイルドカードが使えません。正規表現も (T_T)

[2011.5.11追記]
ワイルドカードが使えるようになってました! 詳しくは別エントリーで。


以下、初出時のテキストです。

ども。鉄王です。

先日、ある原稿の参考資料集めのため『Google ドキュメント』のフォーム機能を初めて使ってみました。スプレッドシート(表計算)と連動しているアレ、です。

フォーム機能自体はなかなか優秀で、リアルタイムでスプレッドシートに投稿結果が蓄積されているのをウオッチしているだけでも楽しかったのですが、ちょっとやっかいなことがその後に起こりました。

続きを読む 『Google ドキュメント』のスプレッドシート−COUNTIF関数ではワイルドカードが使えません。正規表現も (T_T)

「HD DVD惨敗!」の原因をネーミング面から考えてみた(後編)

ども。鉄王です。

前回のエントリーとの谷間に、東芝から正式発表がありましたね。「HD DVDから完全撤退」と。個人的には、さらに〈選択と集中〉を推し進めて、半導体と原子力関連へと経営資源を集中させるのもいいんジャマイカ?と思ったりもしているんですが。弱電と重電の両極!みたいな感じで。

さて、なんだかしり切れトンボで終わった前編に続いて、もう少し、考察を加えてみたいと思います。

ちなみに前編は、このリンクをクリック。

続きを読む 「HD DVD惨敗!」の原因をネーミング面から考えてみた(後編)

「HD DVD惨敗!」の原因をネーミング面から考えてみた(前編)

ども。鉄王です。

東芝:HD撤退へ ブルーレイ支持広がり、継続困難に

高画質のハイビジョン映像を長時間録画できる新世代DVD対応機の規格争いで、東芝は16日、「HD-DVD」(HD)方式から撤退する方向で最終調整に入った。ライバルの「ブルーレイ・ディスク」(BD)方式に販売シェアで大きく引き離され、ソフトを供給する米映画会社も相次いでBD方式への支持を表明。HDの劣勢は鮮明となり、事業継続は困難と判断した。東芝首脳は同日夜、「いろいろなシナリオを想定して検討している。来週中には決める」と語った。
(毎日新聞 2008.2.16 21:16配信)

といった感じで、各社一斉に報道した「東芝がHD DVD事業から撤退」のニュース。週明けの昨日は、東芝が火消しのコメントを発表したり、株式市場では好感を持って受け入れられたり(皮肉!)といった出来事があり、まだしばらく〈HD DVD狂想曲〉は続きそうですね。

続きを読む 「HD DVD惨敗!」の原因をネーミング面から考えてみた(前編)