てっきんの具。

「てっきん」と呼ばれて40年のおっさんが書くブログ

Ubuntu 8.04 Server Editionにnetatalkをインストール(BerkeleyDB奮闘編)

ども。鉄王です。

Macを使ってる事務所のスタッフから

Jeditで作ったテキストファイルをサーバに上げるとアイコンが白くなるヨぶーぶーぶー

という申し入れがあったもので(要は「Sambaサーバにアップするとクリエータ情報・タイプ情報が消えちゃうよ、くそう」ということですな)、面倒くさくて放置していたnetatalkのインストールにかかっています。

が、知らなかったのですが、netatalkってBerkeleyDB必須なんですってね。しかも現行ヴァージョンだと、BerkeleyDBのヴァージョンまで指定されているという……(4.2.52推奨)

Oracleのサイトからソースをダウンロードしてインストールするものの、何度やっても成功せず orz

いや、BerkeleyDBはインストールされているのかもしれないが、netatalkの configure で現状行き詰まっている状況であります。

[2008.12.26追記]
Samba+netatalkの環境構築に関する詳しい情報を提供されているHATさんからご指摘があり加筆しました。

カテゴリー:

,

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。