rsyncでWordPressの環境をディレクトリ構造そのままで移設する

「リモートサーバAからリモートサーバBにWordPressの環境を移したい」というとき、rsyncでラクして転送するための作業メモです。いちいちftpでローカルにダウンロードして再アップ、というのも面倒ですからね。個人的な覚え書きですがどなたかの参考になれば。

私がよくやる制作工程ということで、作業環境はこんな感じ。

  • サーバA …… さくらのVPS 512
  • サーバAのWordPressインストールディレクトリ…… /home/foo/bar
  • サーバB …… さくらのレンタルサーバ スタンダード
  • サーバBのアカウント …… hoge
  • サーバBの初期ドメイン …… hoge.sakura.ne.jp
  • WordPressを転送したいサーバBのディレクトリ …… /home/hoge/www/fuga

サーバAにログインして以下のコマンドを実行。

rsync -e "ssh -p 22" -rz /home/foo/bar/ hoge@hoge.sakura.ne.jp:/home/hoge/www/fuga/

コマンドを実行すると「DSA key fingerprint is ~」という文字列の後に

Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?

と出てくるので yes [enter] で続行。アカウント hoge のパスワードを入力後、しばらくしてプロンプトが返ってきたら転送完了です。サーバBにSSHでログインして無事転送されたか確認しましょう。

ちなみに rsync の -a オプションを使わないのは、転送するファイルの所有者やパーミッション、タイムスタンプなどをサーバBに反映させないようにするためです。

なお、ここで紹介した作業ではデータベースの内容は移設できません。phpMyAdminを使った移設方法を別エントリーでまとめてありますので、そちらもあわせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です