てっきんの具。

「てっきん」と呼ばれて40年のおっさんが書くブログ

XAMPPの『Mercury/32』を使って外部にメールを送る設定(OP25B対応)

[2019.1.14追記]
メールフォームの動作確認など、特に外部にメール送信する必要がなければ『MailHog』を使う方法がより簡便です。よろしければ下記の記事をご参照ください。


ども。鉄王です。

いま、自社のウェブサイトをせっせと作っております。今回は全面的にWordPressを導入したサイトにしようということで(会社としても制作のノウハウを溜めることになるし)、ローカルにXAMPP環境を構築して試行錯誤しながらやっている最中です。テンプレートの修正がすぐ反映されるのがいいですね、ローカルに環境をこしらえると。

で、ずっと後回しにしていたメールフォームまわりの構築に取りかかっていったわけです。

メールフォームの動作を確認するためにもメールサーバを整えねば、ということで登場いただいたのが、XAMPPに含まれている『Mercury/32』。試行錯誤しながらの設定で外部にメールを飛ばせましたので、ここに報告いたします。設定例がないかと事前にググってみたんだけど、OP25B対策をしているISPのSMTPサーバにメールを送る事例が見つからなかったんですよね。

あくまで当方での設定例なので、例によってご利用は計画的に。前提条件は以下のとおりです。
(コメント欄 na さんの詳しいフォローもぜひご参照ください)

  • XAMPP環境のWindows PCはブロードバンドルータを通じてISPに接続
  • ISPは@nifty OP25B対策が施されており、587番ポートを利用するにはSMTP-Authが必須

[php.ini の mail function の項]
; For Win32 only.
SMTP = localhost
smtp_port = 587

; For Win32 only.
sendmail_from = hogehoge@tecking.org

[Mercury/32 の設定]
Configurationメニュー → MercuryS SMTP Serverメニュー → Connection control タブ
「Do not permit SMTP relaying of non-local mail」と「Authenticated SMTP connections may relay mail」のチェックを外す

Configurationメニュー → MercuryC SMTP Clientメニュー
SMTP “Smart” Host detailsの項
 Smart host name …… smtp.nifty.com
 Connect to TCP/IP port …… 587
Credentials for SMTP Authentication, if required
 Username …… 《ISPのユーザーID》
 Password …… 《ISPのパスワード》

という感じで。OP25Bが施されているISPのメールサーバを利用したい方の参考になれば。

カテゴリー:

,

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。